おとなのおけいこ | ・・・ 文字は心のカタチ ・・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Entry: main  << >>
おとなのおけいこ

朝から少し雪が落ちてきていて,寒い一日でしたね。

駅のホームで電車を待っていると 寒さが身に沁みました。

こんなお天気の中ですが,レッスンに来て頂けて 皆さんのお顔を

見ることができると嬉しい気持ちになります。

今日もそれぞれの目指す作品づくりに 無心で練習されていました。

 

午前中に来られた生徒さんから 通りに面している窓を もっと綺麗にした方が

いいというアドバイスをいただきました。

なので,さっそく黄ばんできていた張り紙を剥がし 窓を磨きました。

前々から思ってはいたんですが,私自身 まだ行動していなかったんです。

背中を押してもらえてよかったです。

外部や内部からの声は本当に勉強になります。感謝です。

 

 

夕方から お子さんの生徒さんが お稽古に来ました。先週のレッスンを

お休みしたので,今日 おとなの方に交じって 黙々と一人で練習です。

小さいころから お稽古に来てくれていた生徒さんです。

集中力も しっかりついて,毎回必ず20枚おけいこしてくれています。

書く枚数が多い分,実力もついてきました。

 

2秒でうまくなるとか そういうことを仰っている先生もいるみたいですが

そういうものでは無いと思います。検定などの審査をなさっている先生の

お話しを伺う機会がありましたが,やはり書き込んだ量だと仰っていました。

書き込まれた作品は その作品自体が呼び掛けてくるとも仰っていたのが

とても印象的です。

 

もちろん決して 無理強いはしませんが,目標は20枚くらい書けるように

なりたいと,私は思っています。

一回のレッスンで4〜5枚しか書かないところも実際にあります。

でも20枚書いてる子は,4倍練習していることになります。

 

一回のレッスンで20枚書くと,月4回で80枚です。

1年間で960枚書いていることになります。

5枚だと,月4回で20枚です。一年間で240枚なんですね。

この練習量の違いは 大きいのではないかと思います。

 

書く枚数より,練習内容が大切じゃないの… という声も聞こえてきそうです。

もちろん それも重要ですね。よい指導内容で しっかり練習できるように

もっともっと 工夫を重ねていきたいと思います。

 

4月の新年度からは,お子さんのレッスン内容を 今よりもっとシステム的に

変えていく予定をしています。書写だけじゃなく 書や文字の 周辺知識も

指導に取り入れ,公的資格の取得も積極的に行っていきますので 生徒さんの

実力は もっと上がると期待しています。

 

いよいよ2月も終わりに近づいて,一年でも一番寒くなる時期です。

こまめに少量でも水やお茶を飲むと 風邪の予防になるそうです。

身体に気を付けて お過ごしくださいね^^

 

 

 

grapholory(筆跡学)を取り入れた書写書道の
“ こころ書道教室 ”http://cocoro-syodo.com

| こころ書道教室 | 03:47 | - | - |